シングルマザーとチュパカブラ

2015年、シングルマザーになりました。天真爛漫という皮を被った破天荒な女児とジジババ猫の暮らし。

幼児教育は必要か

こんばんわ!

北海道は暑くて暑くてたまりません。

もう罰ゲームです。

職場は地獄となっています。

 

 

 

幼児教育は必要なのか

さて、この頃文字のドリルをさぼっている娘です。

やってねーと保育園から帰ってきてすぐにドリルを一枚渡すのですが、どうしても嫌なようで、ウダウダしてさぼっています。

サボってるなら、休憩を・・・と思い、最近はやっていません。

嫌なのにやらせる必要はないかなーなんて思ってるんですが、母サイドになると少し焦りを感じてしまう今日この頃。

やっぱり6歳にもなると周りのコドモたちは習い事に通っています。

私は休みが不定期、日曜は定休を取らせてもらってますが、それも娘が小学生になるまで、と今の職場では言われています。

 

習い事に関して今、二の足を踏んでいる状態です。

今まで詰め込んでやることはなかったんですけどね。

家庭で出来る、ほんのりと親に負担のない感じで、私はやっていました。

 

0歳~の教育

読み聞かせって大事です。

とにかく読み聞かせ。

地区センターに行って、絵本を借りたり、寝る前に一冊とか。

0歳児からの絵本は、文字が書いていないので、もう親のボキャブラリーと芸頼みです。

ひよこが出てきたらひよこになりきり、キリンが出てきたら、黙々とキリンの特徴から色から、絵本の隅から隅まで解説し、キリンになりきってました。

あとは自然に触れ合う事を心掛けていました。

お花の匂い、葉っぱの感触、枯れ葉の音、風、雪、雨・・・

「いい匂いね」「寒いね」「冷たいね」「雨がザーザーだね」「コップに雨をためてみようか」

と。

あと、親子のスキンシップですが、「寝ない・離れない」子どもだったので強制スキンシップです。

母、泣きながらのスキンシップです。

辛い

 

 

2歳~

2才になるとディズニー映画等を楽しみ始めます。

そこで「英語」モード発動ですね。

映画は日本語と英語を繰り返し。

英語のCDを歌ってみたり(母が)

英語の絵本をテンション高めに読んでみたり(母が)

 と英語に手を出し始めていました。

あとは公園で好きに遊ばせてみたり、このころから「お約束」が始まったような。

スキンシップに関しては強制スキンシップ続行なので、母はこの頃も泣いていました。

読み聞かせも継続

 

3歳~

このころから、ドリルに手を出し始めました。

良く本屋さんに売っている、学研とかの。

あれを一緒にやるように。

出来るだけ、毎日。

読み聞かせも継続。

英語も継続です。

スキンシップは絶賛強制スキンシップ発動中なので、この頃から酷い腰痛が・・・

まだ、まだ、抱っこ紐が現役。

ベビーカー?なにそれウケル、乗るわけないじゃんwwwみたいなノリ

トイレトレーニングも始まり、母過労です

 

4歳~

 読み聞かせ続行。

この頃から、本が好きになってきていて、自分で読みたい欲がちらほらと。

英語も続行

スキンシップ強制

抱っこ紐は現役引退し、体一つで抱っこ継続

腰壊す→抱っこ紐現役復帰→ミッチミチのピッチピチで抱っこ紐頑張る→抱っこ紐壊れ永眠

ドリルは順調、はさみが使えるようになった。

ノリの消耗率半端ない

鉛筆をもって何かをするのが好きになって、壁に絵を描いて激怒られる娘。

寝る時のみオムツ

5歳~

英語塾に通い始める(ECC)、週5勤務で、土曜早上がりし、英語塾へ。

家庭の事情で、半年くらいで辞めさせてしまう。

ドリル続行、読み聞かせは、本はもう自分で読めるようになったので要望がある時のみ。

スキンシップは保育園で「あかちゃんみたい」といわれ抱っこ癖が落ち着いてきた。

おもらし頻回だが、トイトレ完了

 

6歳~

今現在ですが、読み聞かせは本人の要望があった時のみ。

ひらがなはもうかけるようになってます。

英語はまだかけない。カタカナも。

ゆる~~~~くやっていた結果、あまりにも平凡に育っていますが、なんだか楽しそうに日々を送っていますよ、娘は。

「習い事したい」欲がとても強いので、時間を見て体験学習とかに連れて行ってあげたい気持ちと、「いつ?時間ある??時間、合う????」との葛藤が続いています。

 

シンママで働いていて、ってなると、自分自身でかよってくれるのが・・・・一番・・・・(人任せ

時間が合う習い事を探さなきゃですね。

 

あと、英語・・・再開させなきゃ・・・

 

 

幼児教育はとても必要だと思います。

時間、そしてお金が何とかなるのであれば、詰めてもいいんじゃないのかなーって思うんです。

私みたいにのんきにしていても、何も芽吹かない。

とはいっても6歳。

好奇心旺盛なこどもなので、こどもの性格に救われている部分がとても多いのですが、それだけではやっぱりだめだなぁと。

やればやれるだけ、吸収していきますし、母サイドも色々な情報をゲットできるチャンスだと思います。

家庭学習にとどまらず、外に出てみてもいいかもしれません。

ですが、それもお金と時間があればこそ。

体験等で、先生に意見を伺うと「家でドリルで問題ないです、母が出来ないジャンルを先生に任せればいい、学問系で本当に必要になってくるのは小学校3,4年生くらいだと思う」と。

だから、運動系はプロに任せないと、ちょっと心配ですよね。

 

私自身も、色々な所を回って「時間が合う、娘が楽しく学べる所」を探さなくてはいけませんね。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング