シングルマザーとチュパカブラ

2015年、シングルマザーになりました。天真爛漫という皮を被った破天荒な女児とジジババ猫の暮らし。

娘が一つ大きくなった

娘が6歳になりました。

 

わー(^o^)/

 

いつの間にかのいつの間にかの6年。

ワーー!!妊娠したぁぁああ!!!!

ワー!!!産まれるーー!!!!

 

ってやってたのにそこから6年立ってました。

 

私の生きてきた史上、子供を産んでからの歳月のスピードがまじで快速並みです。

あ・・あぁ、もう3月か、この間あけましておめでとうって言ってたような気がする・・・アレー?七月だぁ・・・あれ?

 

っていう、もう「はてな」です。

いや、思い返せば色々とイベント・アクシデントはあるんですが、こんなに人生早いのかと。

 

私もピアスじゃらじゃらしてヘラッヘラしてたのに、もう30才。

娘は6才

来年小学生。

 

なんかイソイソとランドセルとか机とか選んでるけど(やることはやってる)なんだか自分が今何者なのかさえ、忘れます。

 

わー!笑ったー!立ったー!走ったー!って喜んでたのに今では笑って立つのなんて当たり前で、感激なんて微塵も、ほんと、ホコリ一つも出てきません。

ちゃんと考えれば、とてもすごい事なんだけど、日々を大事にしていないので「走るなぁーーーーー!!!!」とか大声で言ってます。

 

なんだか、そんな風にもう六歳か!!!と思うのに、寝顔とか、ぽんぽこりんのお腹とかみてると「まだ生まれて6年しか生きていないのだな」とセンチメンタルに浸っている時もあったり。

 

なんだか、いっぱい迷惑をかけたけど、しっかりと成長してくれて感謝しなきゃなって、思います。

多分明日には忘れて怒ってるけど。

 

娘も六歳になり、私は変わらず毎日キリキリ舞いで生活しています。

わーわーわーわー!と言っているうちに、また一年、立つのでしょう。

 

 

さて、私は自分の病気をさっさと治しましょう。

31までには、どうにか収まってほしいんだけど、脈拍は90~下がりませんね。

 

結構、余分なお金が飛んでしまうので(病院代とか)

さっさと治して旅行したいよね。

 

 

さて、疲れて崩れそうなのでこの辺で