シングルマザーとチュパカブラ

2015年、シングルマザーになりました。天真爛漫という皮を被った破天荒な女児とジジババ猫の暮らし。

もう絶対仕事辞めない

働くのは好きですか??

 

働くのは嫌い

何のために働きますか?何のために仕事をしますか?

と問われると私の場合単純に

「お金を稼ぐため」

です。

 

お金稼げればいいじゃんっていう、そこにやりがいとか、生きがいとか求めてないです。

求めてない、と言うより、今まで特別そのように意気込んだことがありません。

介護職に就いた理由も、もっともらしい事を面接で言ってますが

「生き残れそうだから」

それだけです。

「この業界だとあと何年くらい働けて、その頃にはこの位になっといて、その後は転換していこう」とか、ザックリとした計画しか立ててません。

 

正直自分の性格を考えても、福祉に向いてないなー・・・と思います。

私を良く知る他人にも、そう言われます。

「ワカルーー(^-^)」って思いながら「朱に交われば赤くなる」よねって簡単に思ってます。

ヘラヘラしながら毎日生きてます。

日をまたぎまたぎ、生活に追われています。

働く?あ、そう  この具合。身体に染みてきている

若い頃は社会に出て働くことが嫌いでした。

 

職は転々と

結構色々職を変えてます。

販売員からバーテンダーティッシュ配りして漫画喫茶で働いて、エステのオネーサン

なぜか飲み屋のオネーチャンにはならなかったです。(貧乳は働けないと思ってた)

 

どれも長続きしませんでしたが、どれも楽しかったです。

フッと飽きて、辞めるんです。

お金を稼ぐ目的が見出せませんでした。

生活のため?いや、どーとでも暮らせるでしょ、ってなめきってました。

 

職を転々とした女が仕事を好きになる

今はシングルマザーとして、養う人間が一人います。

稼ぐこの上ない理由が出来ています。

ただそれだけで、「でっかいもん買ってやろ」とか「でっかいことしてやろ」とか、そんな風に思わず過ごしています。

居心地がいいんですよね、ぶっちゃけね。

子どもとの時間と、自分の時間が決められていて、拘束はされるが息抜きになっている。

疲労はするが、働くことに苦はなく、外の世界・ネットを使ってお金を稼ぐ。

 

やっと、この感覚が私の中に出てきてます。

専業主婦(家でお金稼ぎはしてたけど)で七年、生身の人間と交流する機会がほとんどなく過ごし密閉された空間に疲弊していました。

バランス大事

 

 

もう仕事はやめない

こんな楽しい事辞めたくない

「仕事をしている」っていう人生最大の言い訳と、娘との時間の新鮮さは、もう手放したくない