読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザーとチュパカブラ

2015年、シングルマザーになりました。天真爛漫という皮を被った破天荒な女児とジジババ猫の暮らし。

漫画っていいよね

漫画、いいですよね、漫画。

ネカフェとか一週間くらいこもりたいですよね。

宝くじ当たったら叶えたい夢です。

 

今回読んだ漫画

 

 

カツカレーの日


 

西炯子先生の描く作品は、映画を見ている感じにさせてくれます。

生活に安定を求めるアラサー女子

オラオラなやり手のおっちゃん

夢を追いかけるフリーター男

 

物語が始まるきっかけは「読書カフェに置かれた会話ノート」

会話ノートでの文通をきっかけに紐が解かれていく主人公が描かれています。

 

カツカレーさんの出番少なくね?

って思ってたんだけど終盤にはカツカレーさんがいい仕事してくれています。

愛の形がスムーズに変わっていく流れは流石です。

 

愛って見えないから気が付きにくいけど、気が付いた時、その愛の大きさに人は涙するんでしょうね。

自分を想ってくれている それ自体とても貴重な事なんだな、と。

それに気が付けたら、笑顔になれるんだな。

そんな事を思いました。