シングルマザーとチュパカブラ

2015年、シングルマザーになりました。天真爛漫という皮を被った破天荒な女児とジジババ猫の暮らし。

七夕を今年も祝う(予定は未定)

皆さんこんばんわ!暑いですねー

 

私、試される大地北海道に生息しているのですがとんでもなく暑いです。

www.tenki.jp

32℃とか、道民にとっては生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされますからね。

もうみんな口から出てくる言葉が「アツイ」しかないです。

 

そして施設勤務、もうなんか制服ジトジト

もう喧嘩しながら水分摂取を声掛けしまくり。

ジッジバッバの為、下げられない温度

職員の方が朦朧としてますよ。

f:id:ukyta:20170708002320j:plain

ふと見ると職員が端の方でこんな感じで片手にペットボトル持ってます。

 

 

さてさて、七夕まつりやりましたか?

北海道では七夕は8月です。

なのでまだ準備はしていません。

去年購入した偽物の笹に、今年も短冊ぶら下げてなんか美味しいものでも作りたいと思います

 

今年はなんてお願い書こうかな('_')

 

「ブログ毎日更新する」とかかしら。

 

ブログと言えば、このブログは完全に私の趣味でやっております。

好きなことを書きなぐるブログにしようと、決めました。

以前はアフィブログの一つにするかななんて思ってたんだけど、好き勝手書いてる方が楽しいんですよね。

 

今現状、PCを使ってイソイソとなにかを創作する時間がないので、更新しているのはこのブログ位になっています。

 

本当に毎日更新するんだったら、スマホからになるし、スマホからになると短文になるなぁ。

まぁ、それでもいいかな、やってみようかな('_')

 

 

さて、熱さで体力がカラッキシになり、お風呂に入ったのにもうギトギト。

今日は寝よう、そうしよ。

 

だって

 

暑いもん

 

下らない事でダハハと笑う

こんばんわ!

バセドウ病の治療中アルアルの、「足がつる」症状に悩まされている私でございます。

イッテーイッテーマジでイッテーのなんのって「ツルゥウッ!!!」って鬼の表情で片足をシュっと出し始める奇行を繰り返しています。

ちょっと面白いからいいか。

嫌ダメだろ。

 

さて、最近「理想の相手は?」と聞かれる機会が多くあったので、ネタにでも。

 

再婚しないの?っていう延長線上に繰り広げられているんだとは思うんです。

 

30歳、まだ若い→再婚しない→彼氏もいない→男っ気もない→理想高いの?

こんなかんじだろうか。

凄く雑に想像しただけだけど。

 

 

ていうか、男じゃないとダメなの?

 

男・女・べつにどっちだっていいじゃんか

正直な所、境界線の薄い人間です。

一緒に居て、なんかちょっと良い事したいっていうだけです。

身近にセクシャルマイノリティーなジャンルの人がいたせいか、好きになったら、心地よかったらどっちでもいいんだなぁーーーって簡単に思ってました。

 

本当にどちらでもよくて、新しく彼女が出来たら娘のお母さんが一人増えてラッキーだし、彼氏が出来たら娘のお父さんが増えてラッキーってな具合でとっても軽々しく考えています。

 

もし仮に、仮にですよ、私に恋人が出来たとします。

だけど、私の一番大切な人を大切と思ってくれない人なんかと気持ちが融合するわけないんですよ。

もっと大きく言えば、「子どもを大事」と思えない人とは人間としていかがなものかと、その時点で閉店ガラガラしてしまうんですよ。

どの人同士の根本が合っていれば、男女どちらでも関係ないじゃないって思っちゃうんですね。

私は惚れっぽいので、男性にも女性にもキュンとするんです。

だけど、自分が一番大好きなので、恋人を作っていないんだと思います。

 

本当に恋人作ったらどうなのさ

思うのですが、気軽に再婚、恋人と言うけれど、実際に離婚してシングルになって、恋人なりなんなり作ったら評価って下がりますよね。

これなんででしょうね。

不思議なんだけど、世間での評価ってそんなもので「小さい子どもがいるのに・・・恋人だんなんて、ずいぶん余裕なんだね」って所、ありますよね。

再婚っていっちゃうと「うまくやりやがったな」みたいな感じ、ありますよね。

特に女性サイドって、そんな感じの事よく耳にします。

男性サイドだと「新しいオカーサン出来てよかったじゃない」って感じの安易な意見が出てきやすいんだけど、女性サイドはそうはいかない

 

「母親のくせに」

 

これ、付きまといます。

 

 

んなこと、気にしなくていいよ

何言われたって、子育てに一生懸命で、その中で恋愛もして、新しく家庭を築く。

これって結構大変なことだし、バランスが悪かったら大変なことになりがちなんですよ。

一回失敗すると、割と臆病にもなるし、きゃわゅい兎が飢えたライオンに見える時だってあるわけなんですよね。

そんな中でも、寂しさで男に溺れるわけでもなく、子どもの事を考えたり、日々一生懸命暮らして、生きていこうとして、それで再婚とかって割と奇跡に近いんですよ。

子育てに溺れているうちに年齢なんてあっという間に重なっていくし、子持ちでバツイチっていう相手に真剣に心を繋ぎあいたいって思ってくれるなんて、とても良いことじゃないですか。

 

あぁ、やっと落ち着いたと思ったら、何も無かった

何てことアルアルで、その中で器用にやりきるのはセンスが必要なんだろうなって、勝手に思っているんです。

私にはそのセンスがなんだか薄いので、ちょっとうらやましい

 

 

私だってあるさ!!肉を求める時が

人寂しくなる時あります。

子どもでは埋められない、大人を欲するときがあります。

大人同士でないと、分かり合えない事なんて多数あって、それを甘やかしてくれって思う時あります。

なんか叱ってほしい時もあるし、大人にしか出せない熱量で一息つきたくなる時だってあります。

わたしはとても子どもっぽいので、信用して、心がキュってなる人に背中を押してほしい時があります。

 

って思いながら、ぽんぽこりんのお腹を眺めて、一息ついて寝るんです。

 

 

大体みんな、そんなものだと、思っていたい。

 

大人にしか伝わらない、お互い同じようなレベルの会話で、くだらない事言ってダハハー!って笑いたい時が、グググーーーーーっと押し寄せる時があるんです。

その人にしか見せたことのない自分を見せて満足したい時があるんです。

 

 

 

ぽんぽこりんのお腹を眺めて、冷静に理性を思い出すんです

たまにあるんだよね

 

 

 

 

 

離婚して、実家で暮らすという事

こんばんわ!

先ほど北海道で地震がありました。

ア!!

って思うのと同時に身体が動いて、即、娘を担いでリビングへ。

こういう時介護職やってて良かったな、と思います。

技術が身体に少しばかり染みている。まぁ、20キロ程度なので、さくっと担いで走れるんですけどね。普通の人でも。

 

娘をリビングテーブルの下に押し込んでるときにゴツンゴツンと頭をぶつけている音がしたけどキニシナイ。

それでも熟睡している娘の精神力。

 

 

さて、離婚して、実家に帰ろうかなーっと思っている皆様。

余り甘く考えていると痛い目見ますよって話

 

離婚して実家へ

私は娘と実家に転がり込み、共同で生活をさせてもらっています。

月にお金を渡してはいるのですが、それでも余りあるほど十分な生活を送らさせてもらってるんです。

 

さて、離婚を考えた時に、実家に上がり込もうとはミジンコも思っていませんでした。

あわよくば、近くに住みたいな・・・とか、そのくらいは考えていたんですけど、私の計画では娘との2人暮らしの予定でした。

 

さて、なぜ、じゃぁ一緒にいま生活してんのってはなしなんですけど、きっかけは親からのお誘いです。

離婚をしたいと思っている話を両親にしたときに、「こっちに来て暮らしなさい」と、説得を受けました。

何故説得されたかと言うと、単純にお断りさせてもらったからです。

 

家庭を持った者同士うまくいかない

離婚して、子どもを連れて両親のもとで一緒に暮らす。

「絶対うまくいくわけない!!!」

両親も家庭を持ち、私も家を出て違う家庭を持ちました。

各家庭で、色々と暮らし方が変わっていくものだと思うのです。

そこで「ハイ、離婚しましたー一緒に暮らしましょー」なんて、うまくいくはずがない。

各家庭の「仕来たり」が壁を産むんではないかと。

ビジョンが見えてこないのです。

 

そこまで言っといて、なんで一緒に暮らしてるのってところなんですけど、決め手になったのは「娘の性格」です。

 

大丈夫な子ども・大丈夫じゃない子ども

娘の性質は、人が大好きで、大好きで常に絡んでまとわりついていたいタイプ。

子どもってみんなそうじゃないのってところもあるんですが、その「人」に執着を見せる性質が、私の娘にはあります。

「さみしさ」の受け止めがちがってくるんではないかなっと。

 

大丈夫な子っていうのは、私自身のように「自分で楽しめる子」

私のようなタイプは両親が不在でも割と平気で一人でも楽しんで遊んでます。

逆に人がたまに嫌になって、家に帰って一人で遊んでいる時もありました。

現に、両親ともフルタイムで夜8時過ぎに帰ってくるような暮らしをずっと送ってきましたが寂しいけど一人で遊んですごして楽しんでいた記憶があります。

このタイプはきっと「大丈夫な子」だと思うんです。

 

ですが、娘のように「人と楽しみたい」こどもは、寂しさが何十倍にもなって襲ってくる、このタイプが「大丈夫じゃない子」

 

さみしさですべてをこじらせてしまうと、人生を台無しにしてしまうんです。

私が「さみしさをこじらせた」人なので、これにだけはなってはいけないな、と思うんです。(原因は両親の不仲等だと思います。あと、性格)

 

両親と暮らすという事は、少しは「さみしい」を減らしてあげられるのではないか。と思い、実家へ帰りました。

一時的に実家に住む のではなく ずっと住む を選択しました。

両親のおかげか、割と「寂しい子ちゃん」で育っていない感じがします。

「ただいま」って言う時に、「おかえり」を言ってくれる人はお金では買えないんですよね。

 

 

一番大変なのはカーサン

実家に戻ったことにより、私と、母との衝突が後を絶ちませんでした。

言い争い、話し合い、それらを3年繰り返し重ね、今の状態に落ち着いてます。

それは、家庭を持った母 と、 家庭を持っていた娘 が妥協してやっとたどり着くんだと思います。

「妥協」したり、今までの「生活習慣」を変えるのは苦労しました。

何度も家を出たいと思いました。

何度も「出ていけ」と言われました。

私自身も器用ではないので、月日が掛かりました。

それまでの母と私の心の疲労はすごく辛いものがあったな、と思います。

 

実家で暮らすと気軽に子どもを預けられるわけではありません。

私は基本的に預けません。

出来る限り、自分で。

だから、こどもがお熱を出すと、私も会社を休みます。

何日でも休みます。

基本的に預けません。

お世話も気軽に頼めるわけではありません。

お風呂、寝かしつけ等々、自分です。

 

実家に帰るのは「母が増える」とお言う事ではなく、自分のこどもはあくまでも自分のこどもで、責任は私にあるのです。

 

そんなことを頑なにやっていたら「お熱の二日目位、おばーちゃんが見るから・・・信用されていないようですごく嫌だ」と言われてしまいました。

これもバランスが悪かったな、と思い直したので、今では会議の日や断れない会社の飲み会、お熱3日目位で丁重にお願いして預かって貰っています。

あ、あと入院した時も預かって貰いました。

 

でも、基本は自分というスタンスは絶対に崩さない

これに甘えてしまったら、バランスが崩れてしまうんだと、思うんです。

 

 

頼らない、でも掛け替えのない人達

離婚後、実家で暮らすというのは本当に助かる事がいっぱいあります。

娘に笑いかけて、大事にしてくれる存在はお金では買えません。

そんな人が家庭に多くいるのは、とても幸せな事なんじゃないのかなって思うんです。

私は運が良かったんだと、すごく思います。

でもこの良い運を悪いものにしない為には「転がり込んだ方が苦汁を飲む場面」が多々ついてくるものだと思うんです。

自由はありません。

ご飯のメニューだって、勝手に決められません。

休日の予定も、勝手に立てません。

仕事の日時も教えます。

誰とどこに行って、何をするのかも、教えます

娘の園の予定もすべて教えます。

 

母の自由は、二人暮らしをするよりもはるかに無くなるのは覚悟した方がいいのではないかと、思うんです。

 

それが大丈夫なら、きっと幸運だ!と思える毎日になれると思うんです。

 

 

今、私は割りと幸せに生きています。

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

娘が一つ大きくなった

娘が6歳になりました。

 

わー(^o^)/

 

いつの間にかのいつの間にかの6年。

ワーー!!妊娠したぁぁああ!!!!

ワー!!!産まれるーー!!!!

 

ってやってたのにそこから6年立ってました。

 

私の生きてきた史上、子供を産んでからの歳月のスピードがまじで快速並みです。

あ・・あぁ、もう3月か、この間あけましておめでとうって言ってたような気がする・・・アレー?七月だぁ・・・あれ?

 

っていう、もう「はてな」です。

いや、思い返せば色々とイベント・アクシデントはあるんですが、こんなに人生早いのかと。

 

私もピアスじゃらじゃらしてヘラッヘラしてたのに、もう30才。

娘は6才

来年小学生。

 

なんかイソイソとランドセルとか机とか選んでるけど(やることはやってる)なんだか自分が今何者なのかさえ、忘れます。

 

わー!笑ったー!立ったー!走ったー!って喜んでたのに今では笑って立つのなんて当たり前で、感激なんて微塵も、ほんと、ホコリ一つも出てきません。

ちゃんと考えれば、とてもすごい事なんだけど、日々を大事にしていないので「走るなぁーーーーー!!!!」とか大声で言ってます。

 

なんだか、そんな風にもう六歳か!!!と思うのに、寝顔とか、ぽんぽこりんのお腹とかみてると「まだ生まれて6年しか生きていないのだな」とセンチメンタルに浸っている時もあったり。

 

なんだか、いっぱい迷惑をかけたけど、しっかりと成長してくれて感謝しなきゃなって、思います。

多分明日には忘れて怒ってるけど。

 

娘も六歳になり、私は変わらず毎日キリキリ舞いで生活しています。

わーわーわーわー!と言っているうちに、また一年、立つのでしょう。

 

 

さて、私は自分の病気をさっさと治しましょう。

31までには、どうにか収まってほしいんだけど、脈拍は90~下がりませんね。

 

結構、余分なお金が飛んでしまうので(病院代とか)

さっさと治して旅行したいよね。

 

 

さて、疲れて崩れそうなのでこの辺で

 

元夫のSNSは見ないほうがいい

こんばんわ!

PCが少々故障しています。

なぜか画面端が溶けている・・・w

なので、たまに誤作動します。

データを移し次第、修理に出さなきゃ・・・

 

 

さて、この間、とある人に「元夫のSNSを見つけた」との報告が。

私は知っていたので(離婚直後にも何人か友人から報告があった)「あっそーなの」という薄い反応で対応していたのですが、ある一言でムカムカと

 

 

「好きにお金使って、自分の好きな事だけして人生送ってるよ。最低だね」

 

いや、予想通りなんですけどね。

なんだか聞く話によると好き放題使っているらしいじゃないですか。

まぁ、タレコミなので、真実はわからないですけど、大体そういう人だよなーって思うんです。

 

 

 

ゲームにお金使ってる?お酒?遊び?車???楽しんでるーー?(^-^)

 

 

そのお金でもっとやることあるよね

 

 

娘の物は買わない

離婚して、元夫が娘に何かを買って送ってきたことはゼロです。

誕生日でも、クリスマスでも、飴1つ、メッセージ1つもありません。

「欲しい」わけではないんですが

「無かった事」になってる事が腹立たしいんですよね。

 

好きに生きてるらしいけど

結婚して子どもが出来て、離婚して、その後ですからね、事実はかわりませんからね。

 

産まれてますし、今も成長している子どもがいることを、無かった事にしているのがとんでもなく腹立たしいわけです。

ゴミクズだなって思うわけです。

 

離婚時に「娘の面会」について口に出さず、私が「会わないでください」と言ったら泣いて「ありがとう」と言った人です。

誠実と言う言葉が本当に似合わないなと思います。

 

 

タレコミのたった一言で、ここまで腹の底から怒りがわいてくる。

これでSNSなんて見たら、どうなるでしょうか。

鬼のように電話してるかもしれない。

 

ブログやらSNSやら、ゲームやらでタレコミがありますが、私は一切見ないのです。

見たら腹立つに決まってるんですよ。

好き勝手書いてるわけですし、そこに娘の事なんて書いてたら、「般若モード」ですよ。

 

SNSの内容が

病んでても「バーカ」って思うだろうし

楽しそうでも「ふざけんなよ」って思うだろうし

辛そうでも「クズ」って思うだろうし

「あ」の書き込みだけでもイラつくと思うんですよ。

 

なんにせよ、「存在を受け入れられない」ので、ダメなんですよ。

 

 

私は今幸せです。

だけど、思い出したり、目の前にされると怒りが湧きこぼれていくんですよ。

何してたって、ダメなんですよね

 

 

 

そして、腹立ってる自分にも、腹が立つ。

関わらない、それがいい 

バセドウ病の投薬治療~体重の増加

 こんばんわ

私、皆様に報告しなければならない事があります。

 

 

太りました。

肥えました。

 

これって、薬が効いている証拠なんだとか。

バセドウ病の人は、基本的に正常な人より、カロリーを使います。

座ってドラマを見ていても、身体の中はマラソンしている状態。

常に燃焼していて、正常の人があー疲れたって言う時、バセドウ病の人は疲れ果てすぎて無言になっているレベル

HPがそろそろゼロ。

ゲージ端で真っ赤になってるんです。

 

身体が必然的に求めるのか、食べ物の摂取が旺盛なのです。

ジャンル問わずモリモリと食べるのです。

それでも、太らない。

 

私も毎日ご飯おかわり、3杯、シメに4杯とかムシャムシャと食べていました。

おやつもだ~~~い好きで、ムシャムシャ。

時間・量なんて、気にしない。

 

そんな生活から抜けられなく、薬もきいてくると、あっという間にポチャポチャとしてきます。

 

まぁ、不思議なことに、「なんか食べたい('_')」って思う事も少なくなります。

身体が求めてないんでしょうね。

私の場合、惰性的に、習慣的に朝昼晩三食の摂取量が多いままで過ごしてました。

介護職という、身体を動かす仕事なので「しっかり食べる」事が根本、誰もお咎めしません。

 

で調子に乗って食べてたら太りました。

今51キロです。

160㎝なので、BMIとしては普通。

だが、身体のラインは美しくありません。

いや、元々美しく合ったわけじゃないんだけど、警告サインが出ている感じです。

突き出たお腹、たくましい脚、伸び率が良くなった背中。

 

 

やべぇ・・・・

 

今色んな人に出川並みにやべぇよやべぇよって言って回りたい

 

ちなみに、薬の副作用で、しょっちゅう足がつるので床でアザラシがビタンビタン暴れてる感じの日常を今、過ごしています。

 

「あ、仕事おわりましたー?そろそろいっときますねー」っていう軽い感じで足がつります。

 

さて、ダイエット頑張ります。

(食べなければいいんだけど、私の幸せな時間は無くしたくない)

 

 

ので、余裕をもって47キロまで落としたいなって思ってます。

ー4キロ。

早々に落としておきたい(米食べたい)

 

ぐんぐん成長する

成長してます。

背が伸びてます。

 

 

 

私の事なんだけども。

 

 

 

なぜか背が伸びてます。

なぜ。

157㎝をキープし続けて早15年。

もう、私の身長は15歳を皮切りにめっきりぱったりと進歩を止めました。

 

だけどなぜかここ最近、歩みを止めるのをやめたらしいです。

自分の身体の事だが、何が起きてるのか理解できない。

 

 

ただひたすらに

 

嬉しい

 

(∩´∀`)∩

 

157㎝なのが嫌でして、わたくし、背の高い事にあこがれを見出しておりまして、

160㎝だと嘘をつき続けていました。

いかんせん、この嘘がバレないのです。

「もう少し身長あると思ったー」って言われる始末です。

 

だまされてますよ!私に!すっごく下らないことで!

まぁ、すぐに白状するんですけどね。

 

ですが、この嘘が本当になりました。

ついに私の背丈は160,8㎝に!

 

160台に乗り上げたぜ!!!!!

見てみろ!やってやったぜ!

30にして背が伸びるとは思わなんだ。

 

 

何故背が伸びたのかとか、よくわかんないです。

バセドウ病のせいか?

なんか、こう、甲状腺も活発になっちゃったついでに成長ホルモンもでちゃった☆的な

来ちゃった☆

みたいな、そんなノリなんですかね。

なんなんでしょうね。

 

 

まぁ、こんなくだらない事をかきながら、娘の抜けた乳歯を壁に飾っている次第です。

歯が抜けるとはこんなにもうれしくも切ない事なのか。

 

さて、明日は通院日なので、このへんで。

 

 

youtu.be